妊娠中の栄養とカロリー
TOP > 妊娠中の栄養とカロリー

妊娠中の栄養


妊娠中の食事は、同年齢の推奨量より以下の栄養を多く摂る必要があります。
当サイトではユーザー情報に応じ、加算した推奨量・目標量を表示しています。
( 「日本人の食事摂取基準」に準じています。)
 
単位妊婦初期妊婦中期妊婦後期
カロリーkcal50250450
たんぱく質g01025
カリウムmg000
マグネシウムmg404040
mg2.515.015.0
亜鉛mg333
mg0.10.10.1
レチノール当量μg707070
ビタミンDμg1.51.51.5
ビタミンEmg000
ビタミンB1mg00.10.3
ビタミンB2mg00.20.3
ナイアシンmg013
ビタミンB6mg0.80.80.8
ビタミンB12μg0.40.40.4
葉酸μg240240240
パントテン酸mg111
ビタミンCmg101010
※多価不飽和脂肪酸全体の推奨量は設定されていませんが、多価不飽和脂肪酸であるn-3系不飽和脂肪酸の目安量は、妊婦では1.8g(「18〜49歳女性の目安量1.6g」+0.2g)、n-6系不飽和脂肪酸の目安量は、妊婦では9g(「18〜49歳女性の目安量8g」+1g)です。多価不飽和脂肪酸については「栄養素の説明『多価不飽和脂肪酸』」をご覧ください。

 カロリー(エネルギー)については、
  「日本人の食事摂取基準」に、この付加量に関して、
  「妊婦個々の体格や妊娠中の体重増加量、胎児の発育状況の評価を
  行うことが必要である」との記載があります。

 脂質については、
  妊婦初期、妊婦中期、妊婦後期とも、総脂質の目標量は、総エネルギー
  量の20%〜30%で、妊娠していない場合と同じですが、エネルギーの必要
  量が増える分、脂質の摂取量(g)も増えることになります。
  目標量が総エネルギー量の7%以下となっている飽和脂肪酸についても、
  同様です。

 の+2.5(妊娠初期)、+15.0(妊娠中期・後期)は、
  「月経がない場合の推奨量」に付加する値です。

 炭水化物は、
  エネルギーに対する割合は同じですが、エネルギーが増えますので
  必然多くなります。

 ビタミンDは、
  「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では「+1.5μg 」の付加量」と
  なっていたのですが、2015年版から、「妊婦であれば7.0μg 」という
  表記へと変更されました。この「7.0μg」という値は、つまり
  「18歳以上の目安量:5.5μg + 1.5μg」ですので、当サイトでは、
  付加量のままとさせて頂いております。


 以下の推奨量、上限量につきましては、妊娠をしていない方と同じ値です。
   ・カルシウム
   ・リン
   ・マンガン
   ・ビタミンK
   ・コレステロール
   ・食物繊維総量
   ・食塩相当量

 関連項目
 授乳中の栄養

 



WEB上で、あなたの摂取した栄養とカロリーを計算します。
簡単!栄養andカロリー計算  Copyright(C) miwa-mi All Rights Reserved.