減塩料理
TOP > 減塩 料理の方法

 

減塩料理

減塩料理と言ったらおいしくないイメージがあります。今までの食事から、ただ塩、醤油、味噌等の量を減らしたのでは、味が物足りずおいしくありません。
塩分を減らしても、おいしく食べれる減塩料理とは?

・味を染み込ませず、表面にからめて減塩。
  煮物で、全体に塩味が付くよりも、照り焼き等で表面に味をからませた
  方が塩の味を濃く感じ、塩分の摂取量は少なくて済みます。
  (ぶり大根より、ぶりの照り焼きの方が塩分が1.3g少なくて済みます。)
・調味料はかけずに付けて食べる。
  味を感じるのは上顎ではなく、舌です。
  トンカツに上からソースをかけるのでなく、別の皿にソースを取り、
  食べる時にソースに付けて、ソースの部分が舌にふれるようにします。
  調味料の量は同じでも、上顎ではなく、舌に接触する事で、味を濃く感じ、
  満足感を得れます。
・下味に塩を使わない。
  肉料理の下味の塩等を使わないようにしてみます。
  焼き魚の振り塩もやめてみます。
  料理にもよりますが、下味を付けなくても気にならないものもあります。
  また、100gの乾燥パスタを1.5%食塩水でゆでると、約1gの塩分がパスタ
  に付きます。
  パスタをゆでる時に、塩を入れないと、1gの減塩になります。
  パスタをゆでる時の塩は、パスタにコシを出す働きもあり、
  塩を入れない場合、代わりにオリーブ油を入れてゆでます。
・1品だけ濃い味付けをして、他は薄味にして減塩。
  全体の塩分量を調整し、1品だけは濃くする事で味のメリハリを付け
  満足度を増します。
・焼いて軽く焦げ目を付ける。
  焼いて軽く焦げ目を付ける事で、香ばしさをアップさせます。
  塩分を増やさずにおいしさをアップできます。
・香辛料などで塩味の物足りなさを補い減塩。
  ハーブ、香味野菜、香辛料、レモン・柚子などの柑橘類を使用する事で、
  塩味の物足りなさを補います。
  まずは、焼き魚に柑橘類やポン酢で試してみましょう。
・適量の油を利用して減塩。
  油のコクで薄味でもおいしく感じられます。
  ※油は高カロリーですので、あくまで適量(当サイトで計算可能)を。
・みそ汁等は、「だし」をしっかりと効かせて減塩。
  かつおぶし、昆布、煮干しで等取った「だし」を効かせる事で薄味でも
  おいしく頂けます。
  顆粒の「だし」には塩分が含まれます。ちょっと手間がかかりますが、
  ちゃんと鰹節で取っただしを使う事で味噌を減らしても満足度がアップ
  します。
・酢の物を献立に取り入れて減塩。
  酢の物で塩分控え目の1品ができます。高血圧の気になる中高年男性
  は酢の物が苦手な人も多いようですが、2倍酢、3倍酢等は調味料を
  一度火に掛けると酢のきつさがなくなり、まろやかで食べやすくなります。
  また、少し高くても良質の酢を使用するのも一案。
・カリウム、食物繊維で塩分を排出。
  カリウム、食物繊維は、余計な塩分を体外に排出する作用があるため、
  カリウム、食物繊維をしっかり摂るようにします。
・調味料を一度、計測してみましょう。
  特に病気で塩分を制限されている方は、毎日量るのは無理だとしても、
  いつも使う量を一度計測して塩分を確認してみましょう。
  (減塩食品だからと安心して沢山使ってしまう人もいるようです。)
  また、塩分濃度を測る「塩分計」という機器も販売されています。


WEB上で、あなたの摂取した栄養とカロリーを計算します。
簡単!栄養andカロリー計算  Copyright(C) miwa-mi All Rights Reserved.