TOP > 鉄欠乏性 貧血−食事で関連する栄養素:鉄分

鉄欠乏性貧血


 

鉄欠乏性貧血の症状

 ・動悸、息切れがする。
 ・疲れやすい。
 ・体がだるい。全身の倦怠感。
 ・顔色が悪い。
 ・頭痛、頭重感
 ・まぶたの裏が白い。
鉄欠乏性 貧血の進んだ場合、次のような症状が出ることがあります。
 ・つめが薄く割れやすい。外側に反り返る。
 ・舌の味蕾がなくなってツルツルになり、食べるとしみる。
 ・口角炎ができる。
 ・ものが飲み込みにくくなる。

鉄欠乏性 貧血の検査の方法

 血液検査で、下記の値を測定します。
  ・ヘモグロビン値(HGB)
  ・赤血球数(RBC)
  ・赤血球容積(ヘマトクリット値:HCT)
  ・鉄分の量、等
 検査はどの病院・医院でも受けられ、1週間位で結果が出ます。
鉄欠乏性貧血かと思ったら何科に行けばいいのか?
 内科。
 (婦人科に通院している人は、婦人科に相談するのもいいようです。)

鉄欠乏性貧血の原因

 体の中の鉄分が不足して起こる貧血です。
  ・月経により血液を失う女性に多い。
  ・妊娠・授乳中に、胎児・母乳に鉄分をとられて鉄分不足になる。
  ・子宮筋腫等で不正出血や過多月経がある場合。
  ・他の病気で慢性的に出血している場合。
  ・食事からの鉄分の摂取不足。
    (食が細くなり肉を控えがちな高齢者や、ダイエットで肉を避けている
    方は、共に要注意です)

鉄欠乏性貧血の治療

 鉄剤を内服し、3〜4ヶ月で直ります。
 他の病気の出血が原因の場合は、その病気の治療が大事です。
鉄欠乏性貧血に似た病気
 貧血の原因のほとんどは「鉄欠乏性貧血」ですが、同じような症状で
 原因は別の病気もあります。
  脳貧血・巨赤芽球性貧血・溶血性貧血・再生不良性貧血
 その場合、治療方法も異なりますので、自己判断せず、「貧血かな?」と
 思ったら病院で検査を受けてみましょう。
鉄欠乏性貧血の予防−効率よく鉄を摂取するには?
不足しがちな鉄を、食事で効率よく摂取するには?
 ・3回の食事でこまめに摂る。
   鉄が1回に吸収される量は決まっていて、多めに摂っても排泄される。
   1日3食でこまめに摂る事が望ましい。
 ・吸収率の高いヘム鉄を摂る。
   鉄には、動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、植物性食品に含まれる
   「非ヘム鉄」があります。(参考資料:鉄の含有量一覧表)
     ヘム鉄の吸収率:23〜28%
     非ヘム鉄吸収率:1〜5%
   と、吸収率に大きな差があります。
   ※動物性食品は、赤身肉、レバー、貝、魚等。
   ※植物性食品は、大豆、大豆製品、穀物、野菜、海藻等
   非ヘム鉄も食べ合わせで吸収率を上げる事が可能です。
 ・鉄の吸収を助ける食品と食べ合わせる。
   肉や魚等の動物性たんぱく質やビタミンCは鉄の吸収を助けます。
   非ヘム鉄の食品は肉や魚と一緒に食べたり、ビタミンCの多い野菜や
   果物と一緒に摂るようにしましょう。
 ・鉄の吸収を妨げる食べ合わせを避ける。
   タンニン、フィチン酸は、鉄の吸収を妨げます。また、サプリ等による
   食物繊維の摂り過ぎも、鉄等ミネラルの吸収を妨げてしまう可能性が
   あります。
    ※タンニン--コーヒーやお茶に含まれます。
    ※フィチン酸--玄米やライ麦パンに含まれます。
   コーヒーやお茶は食事とは時間をずらして飲むのがよいようです。


 
WEB上で、あなたの摂取した栄養とカロリーを計算します。
簡単!栄養andカロリー計算  Copyright(C) miwa-mi All Rights Reserved.